何がとは言いませんがChu-B Lipに「ボクのおなぺっとZERO」を刺したところうまく動作しました
台座などで高さの調整はいりますが他は一切いじらずに可能です
ちなみに既存のナニよりこっちに方が確実に出来がいいです

追記
こちらが今回使用したホールのスペックです
リンク

ぼくおなは一番太い場所で4.6cm、Chu-B Lipに搭載してみるとまだ若干の余裕があります、純正のホールの大きさと突っ込む何の膨張分を考えると通常の部分は4.5cm程度が望ましい?
※純正のホールの太さは3.5センチ、ここに1cmと0.5cmのスポンジを使用し調整する仕組みです
またハードウェア側としては5cmより太いものは搭載することはできない

また純正のホールの長さはセンサーの探知する細い部分が12cm、外部に露出する太い部分が3cm合計15cmでできています
15cmより長いホールを使用した場合センサーが反応できない可能があります

追記2
ぼくおな2は調整なしで完全に動作