まずはエントリー作品を紹介する
ここでのエントリー基準はこの二つ
1.今年遊んだことがある
2.私が面白いと思った

この厳しい基準をクリアーしエントリーしたゲームはこちら

以上18タイトル

その中から受賞タイトルは続きに書いていきます
4位「7Days to day」
1
 
「生き残る」ために何をするべきか最初はわからないが、死んでいくうちに少しずつわかっていき。その頃にはドハマりしているゲーム
今では変更されているが私がのめり込んでいた頃は「ほとんどの物にレシピなし」「ウッドログスパイク弱体化前」とプレイもしやすくいつのまにか朝になることもしばしば
最近のアップデートで※レシピが追加されてから「レシピが拾えない=積み」になってしまったのが残念なポイント
※最近のアップデートでフォージのレシピが不要になったのでまだましにはなったのかもしれない
12月にA13がリリースされたのでまたプレイを再開、ゲームバランスはよくなったけどレシピゲーなのは変わらず。うーん…

3位「PAYDAY 2」
3
 
言わずと知れた強盗ゲーム、実は発売当初から遊んでいたがCOOPフレンドが増えたことでプレイ時間が増大。頻繁なDLCリリースも手伝い「何を遊ぶか困ったときはこれ」レベルにブームが来る
同じマップでもアサルトとステルスをプレイヤーが選択することが可能で、まさに一粒で2度おいしいゲームだった
ただスキンシステムを搭載した際の武器の調整にCOOPフレンドが困惑、悲しいことに必須と言われていたDLC武器まで弱体化したことにより開発元への不信感が増大
そのあとキャプテンウィンターに殺されまくり、もはや倒し方を検証する意欲もわかずブームは終了した

2位「ARK Survival Evolve」
2
 
生まれて初めてゲームサーバーを立てたゲーム、「これを作りたい→資材が足りない→完成→レベルが上がる→新しく物が作れるようになる→作りたくなる→無限ループ…」を経験し人生がこのゲームでつぶされるのではないかと危惧したほど面白い
広いマップを恐竜をおともに冒険し、拠点を構える。レベルが上がりペットだった恐竜に乗れた時の感動は言い表せない
さらにアップデートが頻繁でユーザーからのフィードバックの取り込みも早く、ユーザーMODを正式にリリースするなど開発意欲の高さもポイント。まさに早期アクセスの正しい姿を見せつけてくれた

1位「Tabletop Simulator」
4
 
現在のTwitterの話題の3割はこのゲームの話、購入した去年の11月からブームが続いているすごいゲーム
トレーラーを見ると馬鹿シミュに見えるが実際は万能なアナログゲームツール
気軽にloveletterを遊んだり、8時間じっくりSid Meier's Civilization The Boardを遊んだりできる神ゲーム
ただ遊ぶアナログゲームがないと本当にカードを投げあうしかない、あとフレンド必須。
今数えたところこのゲームで遊ぶために39500円分ボードゲームを買ったらしい、さすがに反省するべき


審査員特別賞

面白いが評価できるほど遊んでいない、もしくは面白いが一緒に遊ぶ相手がいないゲームが受賞します

審査員特別賞

Keep Talking and Nobody Explodes
5
 
プレイヤーが爆弾の解体を担当し、他の人が爆弾の解除の手順を説明書を用いて説明するゲーム
Oculusやフルスクリーンモードの他の情報を見れないということを逆手に取っている
私は解体と手順説明の両方をプレイ済み、爆弾の説明と解除の説明は割と難しく序盤は爆発させたりさせられたり
めちゃくちゃ面白いのだけどなぜか2日後には遊ばなくなった不思議なゲーム
Oculusを買ったらもう一度遊ぶのを提案する予定

The Crew
6
 
オータムセールの値付けミスを見事に購入、最近のお気に入り
前々から欲しかったのだがいまいち車に興味が無く買えなかったがバイクが追加されたので購入に至る
正直このゲームはGOTYの5位に入れてもよかったかもしれない